金剛筋HMBのコスパは良いと聞いて、このサイトを開いた人も多いと思いますが、その場合、最低でも4か月継続するお試しモニター定期コースで購入した場合に限ります。もし定価で1袋9,245円を払って毎日摂取していたら、コスパはプロテインと同じぐらいになってしまうかもしれません。

金剛筋HMBの定期コースは、初回が500円送料無料、2回目以降はずっと16%割引で、5回目以降から解約や一時休止ができる定期コースに申し込んだ場合には、初月は1日たったの16円ですから、金剛筋HMBのコスパが悪いわけはないですよね。それ以降も割引は続きます。

そして、肝心のHMB含有量にもコスパは関係してきます。

なぜ金剛筋HMBサプリはHMBという名前がついているのでしょうか?それは、プロテインを摂取して、そこからアミノ酸に分解された中に多種のアミノ酸があるのですが、その中で筋肉をつけるためのアミノ酸が「ロイシン」という種類のアミノ酸なのです。

「ロイシン」からできている金剛筋HMBサプリに含まれるHMBがまさにそれにあたります。そして、そのプロテインから分解されて摂取できる貴重なHMBを3g摂取するには、「ロイシン」が60g必要とされています。

だから、プロテインを摂取してアミノ酸、ロイシン、HMBという非効率的な方法ではなく、いきなり金剛筋HMBサプリでロイシンから変化するHMBを摂取できるから、即効性があるし、効率的でもあるのです。

ちなみに、金剛筋HMBサプリのHMBを3g摂取するには、プロテイン20杯を飲む必要があります。毎日プロテインを20杯飲めますか?それだけで水太りになってしまいそうですよね。つまり、金剛筋HMBサプリは、プロテインを飲むよりも20倍効率的に筋肉質体型を作ることができるというのです。

まずは、がっちり体型で、燃焼系、お腹も出っ張っていない、女性が憧れるようマッチョスリム体型になるために、金剛筋HMBサプリを摂取してみましょう。そして自分で隙間時間にできる筋トレをわざわざジムに行かないでもオフィスでも自宅でも・・・ながらでやってみるといいと思います。

金剛筋HMBはジムに行く時間がない人用にHMBを凝縮させて錠剤にしたのですから、上記のような簡単な方法ですぐに細マッチョになれます。すぐにというのは、即日という意味ではなく、プロテインを飲んでジムに通うのと同じぐらいの時間で、でもジムに通う必要もなく理想体型になり、太りにくくなるということなのです。

>> 金剛筋HMBの詳細はこちら