金剛筋HMBを解約したいと思えば、定期コース5回目が出荷される7日前までに電話すれば、それで金剛筋HMBの定期コースは解約ができます。解約でなくても、一時休止や、お届け周期変更なども電話一本でできてしまうので、とても簡単なのです。

そもそも、最初に定期コースに申し込む時も簡単にウェブ上で済ませられるのですから、解約方法も簡単なのは当然ですよね。でも、なぜ効果が確実な金剛筋HMBの定期コースを解約する必要があるのでしょうか?

それは、筋肉がつきすぎて、困っている、どんどん筋肉が大きくなって、服のサイズが変わってしまいそうで怖い。こういった理由があるそうです。つまり、毎日着るスーツやシャツなどのサイズが細マッチョや筋肉質体型になったことで、全部買いなおさないとダメになったら、いくら金剛筋HMBのコスパが良くても、普通の衣類を購入する費用がかかってきます。

金剛筋HMBを試す人に向いているのは、運動する時間がない、運動が嫌い、筋トレなんてしたことない。プロテインの味が嫌い。プロテインを飲むとお腹を壊す。細マッチョに憧れているけれど、どうしていいかわからない。胃腸が弱くてずっと太れない体質だった。というような人です。

今すでに筋トレに成功していて、自慢の身体であるあなたが金剛筋HMBを摂取してさらに筋トレオタクになれば、本当にボディービルダーのようになってしまいますので、気をつけてくださいね。

では、なぜプロテインではなく金剛筋HMBサプリなのでしょうか?効果を実感したという人はもうおわかりでしょうが、金剛筋HMBの何がいいのかわからないという人に金剛筋HMBのHMBという成分と、一緒に配合されている成分についてご説明します。

実は、プロテインには分解の行程が多いため、筋肉になる栄養を、もともとある筋肉に届けるのに時間がかかるのです。まず、プロテインを摂取し、ペプチドに分解、次にアミノ酸になって、ロイシンを抽出、そしてHMBに変換して筋肉がつくというプロセスで、とっても長くて、多くのプロテインの中のわずかしか筋肉にならないのがわかりますよね?

しかも、摂取した栄養素全てがHMBにまで変換されるわけではなく、余分なカロリーだってかなりの量になってくる。そう考えると、お世辞にも効率的にカラダを引き締めていけるとは言えません。

そこで、プロテインからできるアミノ酸の中でビルドアップに力を発揮するのがロイシンなのですね。HMBとは、このロイシンからできる代謝物質でロイシンはHMBに変化しなければ効果を発揮することが出来ないのです。

しかも、1日に必要とされるわずか3gのHMBを摂取するためには、60gのロイシンが必要であることがわかっています。これをプロテインに換算すると、なんと約20杯分にもなってしまうのです。だから、効果も20倍、コスパはもっとですよね。

>> 金剛筋HMBの詳細はこちら